経営基盤の確立支援
経営基盤の確立支援

就業規則(残業代請求問題)の改定

就業規則(海外出向者問題)の改定

社会福祉法人会計

学校法人会計


介護事業経営会計


(事例紹介)

◆依頼主企業様:G社様

昨今問題となりつつある、残業代請求。 過去に遡り会社に請求することが可能なので、退職した社員から数百万円の請求を受けるケースもあります。これは就業規則に沿った労務管理で回避は可能です。就業規則の整備と労務管理のコンサルティングを行い、G社様ではこのような問題回避と社員のモチベーションアップが実現しました。

◆依頼主企業様:R社様

海外の現地法人に出向している社員の給与を日本国内で支払う場合、その給与を損金不算入とみなされるケースが出ています。この問題に事前対応するためには就業規則を海外出向者に対応する形で作成する必要があります。このようなケースを想定した就業規則作成支援を行いました。過去に遡り損金不算入の課税は多額に及ぶ場合がありますので、慎重にご対応ください。


世の中の変化に適応するためにたくさんの制度が変化してきています。
門家へのご相談であとから費用が発生するケースを未然に防ぎましょう。


    

お問合せ
グラビス税理士法人
〒530-0016
大阪市北区中崎3丁目1番20号
TEL:06-6376-2751
FAX:06-6376-2750
メールでのお問合せ