受益権の複層化とは?
受益権の複層化とは?

信託ではある財産を元本と収益に分離するといったことが可能となります。

例えば、収益を生み出す賃貸マンションがあるとします。
所有者の父から子に贈与すると賃貸マンションそのものが父から子に移転します。

父から子への贈与

ここで信託を使うことにより、賃貸マンションを賃料である「収益部分」とその賃料を生み出すマンションそのものである「元本部分」とに分離することができます。

受益権の複層化


これにより民法ではできなかった一つの所有権から、収益部分を父に元本部分を子に帰属させることができるのです。

〜収益部分の

お問合せ
グラビス税理士法人
〒530-0016
大阪市北区中崎3丁目1番20号
TEL:06-6376-2751
FAX:06-6376-2750
メールでのお問合せ